営業部 副主任 岸陽介

Yosuke Kishi

営業部副主任 岸陽介です。真にお客様が欲しがるものを考えて、満足して頂けるような提案を心掛けています。親身になって対応することがお客様と深いお付き合いができ、末永く商品を使って頂けることだと信じています。

株式会社アクタ 営業部 副主任 岸陽介 image01

思い出のお弁当はどんなお弁当?

山形県の大丸商店(味の梅ばち)さんの「米沢牛弁当」です。
当時入社2年目の私にとって初めての別注品の採用を頂いた案件でした。採用に至るまでの約半年間はお客様と容器の形状や柄、ロゴのデザインについて度重なる打ち合わせをしたのは勿論のことですが、部署内の先輩上司の方々や工場長にも何度も相談し苦労しました。採用後百貨店催事のチラシに弁当が載った際は、嬉しさのあまり親に自慢したことを覚えています。

株式会社アクタ 営業部 副主任 岸陽介 image03

出身地は?

東京の日暮里(にっぽり)です。
東京というと都会的な印象を持たれるかもしれませんが、私が育った日暮里周辺は太平洋戦争であまり戦災を受けなかった場所だった為、山の手線内側にありながら今でも古民家や寺院が集合している下町です。
レトロな町並みが注目されており、下町情緒溢れる谷中銀座商店街はコロッケ、イカ焼き、和菓子などの食べ歩きができるスポットとして連日賑わっています。
商店街周辺も個性的な飲食店が点在し、特にかき氷店の「ひみつ堂」は冬でも行列ができる程の地元を代表する人気店です。

株式会社アクタ 営業部 副主任 岸陽介 image02

アクタのここが好き!

機能面デザイン面を含めた商品のクオリティです!
商品の開発をおこなう「開発会議」は社員パート誰でもが参加できる会議で、お客様の要望や市場のニーズなどを考慮した上で各メンバーが自由に発案でき、この会議から商品が生まれてきます。全ての製品に開発メンバーの想いとお客様の想いが詰まっています。

株式会社アクタ 営業部 副主任 岸陽介 image04

仕事へのこだわりは?譲れないものは?

自分が売りたいものというよりかは真にお客様が欲しがるものを考えて、満足して頂けるような提案を心掛けています。
相手が本当に欲しかったものを提案したいので、場合によっては別注品の紹介をすることもあります。親身になって対応することがお客様と深いお付き合いができ、末永く商品を使って頂けることだと信じています。

株式会社アクタ 営業部 副主任 岸陽介 image05

次の人を指名!指名した人の他己紹介!

営業部 遠山純課長。
明るく笑顔溢れる人柄でチャーミングな一面とマラソンで培われたタフさを合わせ持つ、我々営業部の大黒柱です!!仕事に対し真面目で熱いメンバーがそろう会社内でも、人一倍アクタに対する思い入れが強いので、インタビューでも是非語って頂きたいです。

営業部 課長 遠山のページへ >>