お取引先様からの声

Partner’s voice

国内屈指のあなご料理専門店・日本橋 玉ゐ、牛めし屋として明治に創業した浅草の顔・浅草今半、東京都内でどの店舗も毎日行列ができる人気寿司店・寿司の美登利、レストラン「梅の花」の湯葉や豆腐を使った惣菜・お弁当を全国のデパ地下で展開している梅の花plus…ビジネスパートナーの皆さまに、アクタの容器やアクタとの取引について率直な声をいただきました。


umenohana-ec

梅の花plus

梅の花plusは「カラダにプラス、環境にプラス」をコンセプトに、湯葉・豆腐を使った惣菜やお弁当を販売する店舗です。お弁当容器にワン折ハードを採用した経緯について梅の花plusの三井田関東第一営業部部長にお話をうかがいました。
tamai-ec

日本橋玉ゐ

ミシュランガイド東京にも掲載された実力店、日本橋玉ゐは、あなご料理専門のお店。照りが美しい蒲焼あなごのお弁当も人気です。なぜアクタの容器を採用していただいたのか?日本橋玉ゐの佐藤裕二営業部長に、理由をうかがいました。
imahan-ec

浅草今半

牛めし屋として明治28年に創業した浅草今半は、老舗日本料理店。浅草今半のお弁当売り場でも屈指の売上を誇る、東京駅グランスタ店の村田修一店長に、アクタの容器を使い続ける理由などをうかがいました。
midorisushi-ec

梅丘寿司の美登利

大きめの質の良いネタをリーズナブルな値段で食べられる人気店。アクタの容器はテイクアウトや宅配用のお寿司に使用されています。なぜ、アクタの容器を選んだのか。寿司の美登利総本店の秋元秀俊 専務取締役にうかがいました。