開発秘話

Development stories

食材の数だけ料理があって、料理の数だけ器がある。そしてそれは、作る人・食べる人によってまた変わる…アクタは食材容器・パッケージの総合メーカーとして数多くの器を作っています。どのような背景でその器が生まれたのか。製品開発の裏側をご紹介します。


アクタ営業本部部長楠滋行

「BSかん合」誕生秘話

アクタのプラスチック食品容器は個性的で、他のメーカーのものとはちょっと違うと言われます。シンプルでありながら、オリジナリティあふれる商品の数々。こちらのページでは「BSかん合シリーズ」の誕生秘話をご紹介します。
oneori_spn-ec

「ワン折SPN」開発秘話

私たちアクタの営業担当者は、常に「どんなお弁当箱があったら、お客様に喜ばれるだろうか?」と考えています。最もアイデアを得られやすいのは、お客様。「ワン折SPNシリーズ」は、お客様との会話から生まれたものなのです。
interview-ec

工場長インタビュー

工場長の篠﨑順二です。アクタの食品容器には、一人ひとりの社員の想いが宿っているんです。なぜなら、自分たちで一からモノづくりをしているからです。だから、社員も、他メーカーに負けない自社製品への愛着を持っています。