料理人が盛りたくなる容器です

Food presentation

「こんな器に盛ってみたいなあと、挑戦心をくすぐる器ばかり」「新作のお弁当を考えていたら、盛り付ける器はいつもアクタさんの物を選んでしまうんですよね」これはアクタの容器を使っていただいているお取引先様からの声です。

アクタ ワン折KSN

「『こんな器に盛ってみたいなあ』と、挑戦心をくすぐる器ばかり」
「新作のお弁当を考えていたら、盛り付ける器はいつもアクタさんの物を選んでしまうんですよね」

アクタの容器をお弁当などで使っていただいている会社の方々からは、こんなお言葉をいただきます。
アクタの器は料理人が盛りたくなる器なんです。

寿司の美登利 鯖寿司

東京の有名な寿司店「寿司の美登利」を運営する、株式会社梅丘寿司の美登利総本店の秋元秀俊専務は、アクタの容器を使う理由について「絵心をくすぐられるからです」と説明。「寿司職人は絵心が必要。器への盛り付けはアートです」と言い、特に、アクタのシンプルな容器を気に入っていただいております。「アクタの器は、出来上がりを想像するだけで楽しくなります」と話し、器をキャンバスに見立てるそうです。そして、赤色のマグロや、黄色の卵焼きなど、原色の多い寿司のネタを盛り付け、“芸術作品”を完成させます。

日本橋玉ゐ あなご弁当

国内でも珍しい穴子(あなご)料理専門店の「日本橋 玉ゐ」の佐藤裕二営業部長は、新作のお弁当を調理場で試作する時、「何社かのお弁当箱がある中で、従業員が手にするのは、決まってアクタさんの容器なんですよね」と明かしてくれました。さらに、「料理人としては、せっかく高品質の素材を使っているのだから、良い容器に盛り付けたいです。アクタさんのお弁当箱は、高級感ある上に機能的。お世辞抜きで、1ランクも2ランクも食材を高級に見せてくれますから」と褒めていただきました。

浅草今半 盛り付け風景

料理をする方に使いたいと言っていただけることは、アクタとしてもとっても嬉しいことです。
アクタはこれからも、料理人に支持される器をつくり続けていきます。